税務訴訟の中の取消訴訟について

税務訴訟にはいくつの種類があり、取消訴訟、争点訴訟、無効確認訴訟、国家賠償請求訴訟などに分類することができます。これらの中で、一般に税務訴訟と言ってイメージされるのは、取消訴訟ではないでしょうか。これは、税務行政処分が違法であるとしてその執行に関して取り消しを求めるものです。

では、税務関係の事柄で何らかの違法なことが起こった場合、すぐに取消訴訟を起こせばよいのでしょうか。実はこの取消訴訟には、不服申立前置主義というものがあり、まず課税した側に異議申立てを起こしてからでないと、取消訴訟には入れないというお約束になっています。

ですから、まずすべきことは取消訴訟ではなく、意義申立てになります。ただし、この不服申立前置主義にも例外がいくつかあり、例えば、異議申立てを行っていると生じる著しい損害を避けるため、緊急の必要がある場合などは、いきなり訴訟に入ることも認められています。

しかし、一般の人の感覚では、このようなことを言われても、具体的にどのような状況であればどうすべきなのか、ぴんとこないでしょう。万が一、税金に関して違法ではないかと思われることがあった場合は、弁護士や法律に詳しい人に相談するのが解決への早道でしょう。

 

審査の難易度が結構高いおまとめローンは即日審査が魅力のインターネット銀行や貸金業者への申込が狙い目!

多重債務の抜け道を作ってくれる1つの選択肢に、銀行のおまとめローンがあります。おまとめローンは消費者金融やクレジットカードで積み重ねた債務を業界最低水準に近い金利に引き直して完済を目指す方法ですから、止む無く債務整理をして他のローン審査が受けられないという事態を回避できます。

ただ、おまとめローンは少なからず借金返済の遅延リスクが高い人が利用するので、低金利の商品ほど審査通過ハードルは結構高めと捉えておくべきです。しかし一部の貸金業者や、楽天市場出店で目覚ましい活躍を広げている楽天バンクやイオン銀行などの有人店舗を持たないインターネット銀行は、大手銀行より比較的審査が甘めとされており、最高限度枠も800万円以上まで設定できる会社が多くなっています。

又、インターネット銀行や貸金業者では審査の所要時間も最短30分回答を売りにしてる会社が大半ですから、信用情報機関に個人情報を問い合わせて属性をチェックするスコアリングテスト内容もその分簡易とされています。もちろんおまとめローンの審査を受ける前に各金融機関の公式サイトで返済シミュレーションもできるようになってるので、月々の支払いがどの位減るのか十分調査しておく事が大切です。