突然痛風の症状が出た場合に対応方法

痛風は突然やってくることもあるのですが、関節炎になることで痛みに耐えがたくなってしまいます。

この場合に応急処置などが必要なのですが、炎症を起こしているために冷やしたり、刺激を与えないように生活するなどが必要となってきます。そのために痛みが出てしまうと怪我などで良くしてしまう擦ったりすることは症状が悪くなる要因となるために出来る限り何もせずにすることが重要となるのです。

痛風は症状が出ると動くことが困難なことが多く、掛かりつけの専門医などが居れば相談すれば良い方向へのアドバイスを貰うことが出来ます。

それ以外には尿酸値が上がっているものですので、クエン酸などアルカリ性になるものを食べることで下げることが出来るために尿酸値をいかに下げるかを食べ物で考えることも大切なものです。

この時にクエン酸を含む飲み物があれば、水分補給も同時にすることが出来るので効率が良く尿酸値を下げる行動をすることが出来ます。

痛風は日頃の準備と専門医のアドバイスを聞くことで、突然の症状が出ても対処が可能になります。

 

痛風にならないためには肥満の解消が一番の基本

痛風はつらい関節痛を引き起こし、それには様々な原因が考えられますが肥満も大きな原因のひとつです。

肥満の人は食べすぎたり飲みすぎたりする傾向があります。痛風は食品中のプリン体に起因する要素が強く、プリン体から尿酸が作られます。

プリン体は食品の中には大なり小なりそれなりに含まれているのでカロリーを多く摂取すると必然的にプリン体を体内に多く取り入れることになるので、痛風になるリスクは高まります。

また、体脂肪が多ければプリン体から尿酸が生成されやすくなります。それらのことを考えると痛風の予防には肥満にならないように気を付けることが大切です。

しかしプリン体はすべての食品にそれなりに含まれていて、普段の食事でプリン体を大幅に制限するのは難しく、付き合いなどもあって食事のコントロールや運動の習慣だけで、痛風対策を完璧に行うことは難しいです。

そのような弊害を防ぐために手軽に続けることができ、サポート的な役割を果たしてくれる恵葉プレミアムという痛風予防のサプリメントの使用をおすすめします。特に体内のプリン体を排出する手助けをするアンセリンが他の会社の製品よりも10倍も多く含まれているところが注目に値します。

しかしこのサプリメントはあくまでも補助的は役割を担うものです。暴飲暴食を控えて肥満の解消に努めることが痛風予防の絶対条件です。サプリメントを飲んでいるからと言って決して安心して気を緩めないようにすることが大切です。